フィーライン ブリード ニュートリション

Date-29 Apr, 2014 / Author - Cateria / Category - Cat food

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンの特長

ペルシャとその亜種であるチンチラ、ヒマラヤンは長毛種として美しい毛並みが特長です。被毛のボリュームもあり繋ぎ合わせると370kmにも及びます。(平均的なペルシャ猫)

よって、毛を作るのに必要な栄養素(必須アミノ酸/メチオニン)も余分に掛かります。必須アミノ酸は動物性高タンパク質に多く含まれます。猫が肉食である理由の一つが必須アミノ酸の獲得のためとされています。

グルーミングによって飲み込むのボリュームも大きく毛玉対策も欠かせません。ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは頻繁に毛玉を吐く体質にあり、消化器官にも影響を与えます。スムースな排泄のためにも食事の配慮は欠かせません。

"

あごが一直線に並び、起伏の少ない低い鼻(ピークフェイス)を有する。現在では極端に短くなりすぎた猫も多く、健康上の問題を引き起こすこともある。 -Wikipedia ペルシャ猫

 

食事の粒の大きさもペルシャ猫は配慮が必要です。あごの突起がないため舌を使って巻き込むように食べるため粒の大きさにも工夫が必要なのです。近年のブリードにより低いマズル(あごと鼻の突起)の傾向が強くなっており、より一層のケアが必要です。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは多発性嚢胞腎(腎臓に多くの病巣が発生する)に掛かりやすい遺伝的形質が有ります。このため、ペルシャ猫は他の猫種よりも腎臓のケアと管理が必要です。

 

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン 成猫用のポイント

 

ロイヤルカナンのペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン 成猫用は長毛種に多く必要な必須アミノ酸と脂肪酸(オメガ6系不飽和脂肪酸やオメガ3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA))の配合を独自に行い、ヘアボール対策のための食物繊維を多く配合するなど、ペルシャ系統の猫に配慮した配合になっています。

 

また、平面のマズルによる舌の裏で巻き込んで飲み込むという独特の食べ方に配慮し小粒のアーモンド型キブル(粒)になっています。

 

ロイヤルカナン FBN ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン 成猫用(2kg)

ロイヤルカナン FBN メインクーン 成猫用(2kg)

Comments 0 comments to this post

Archives

おすすめ

More Contents

ペルシャ特別フード

フィーライン ブリード ニュートリション

食事療法食

(制作中)

子猫の健康食

(制作中)